2012年 07月 03日 ( 1 )

6月29日(金)午前1時25分 ミュウが虹の橋を渡りました。

去年の7月鼻腔内腫瘍と診断され余命3ヶ月と言われて約一年 
ミュウは本当に元気に頑張ってくれました。



d0077740_2250445.jpg





2011年

7月2日(土)AJPC参戦の為に朝霧へ

ミュウは普通に元気でもこの時から急にブシュブシュっというくしゃみが始まった。
タープをたてる前にブヨ対策に、地面に『除虫剤』をまき(殺虫剤ではない)
その後にワンコのケージなんかも運んだだけど・・
私が『除虫剤』を吸って声が変になったので・・
最初はミュウのくしゃみもそのせいかと思ってた。


7月3日(日)

特に様子がおかしい所もなくミュウは元気
時々くしゃみはしていたけど・・本当にすくない回数だった。


7月4日(月)~9日(土)

ミュウは元気・・元気だけどクシャミが続く・・
一日にすると本当に数回だけど・・
草を食べたりしてゴホッとした時の様な感じで
それ以外食欲もあるし 本当に何も変化はなし
クシャミもブシュンっと一回すればしばらくは出ないし・・
なんだろうっと思いながらも、あまり深く気にはしていなかった。



7月10日(日)

ミュウはいつもと同じ 元気で食欲旺盛・・でも回数は少ないけどクシャミが続く
ミュウも鼻が気になる様・・
大きなクシャミをした時に粘膜に血が付いたような感じのものが鼻から出た!
それ以上血は出なかったけど・・この血が凄く気になり明日月曜日に病院に
連れていく事にした。


7月11日(月)

特にミュウは苦しそうでも元気がない訳でも食欲がないわけでもないけど・・
少しくしゃみがある・・鼻血はないけど・・
念のため 近くの動物病院にレントゲンを血液検査に行く
結果は血液検査にもレントゲンにも異常はなしと言われる。
くしゃみの原因がわからないので

『CT検査はしなくても大丈夫ですか?』と聞くと
医師からもし鼻に腫瘍ができていたら鼻骨が溶けるから
いますぐ急ぐ必要はないと思います・・CTの撮れる病院が少ないし
費用もン万するから・・・っと言われる。

原因がわからないのは嫌なので、とにかくCTを撮れる病院を紹介してもらい
予約を取ってもらう。
そこで もう一度診察をしてCTを撮る必要があるなら撮ろうって事になり
最短で木曜日に予約が取れたので、それまで病院で出された
抗生剤を飲みながら待つ事になった。

7月12日(火)

ミュウは相変わらずクシャミは続くが
元気いっぱいで他のワンコにもケンカを売っていた。

7月13日(水)

クシャミは多くはないけど
感じとしては鼻に虫が入った時にむせる様なビュシュンって感じ
しかし・・クシャミと一緒に血が飛び出すようになった。

7月14日(木)

紹介された動物病院へ行く
まずは内視鏡で見れる範囲をみて異物があれば取り除きます。
必要ならCTを撮りますので夕方お迎えにきてくださいと言われ
一度家に帰る。

夕方5時に迎えに行き
医師から
『残念な結果が出ました 左側の鼻は全て腫瘍でつまり骨を溶かし右側ももう3分の1しか
空洞がありません かなり進行の早い悪性の腫瘍です』っと言われました。

レントゲンじゃ異常がないと言われたのに・・・

しかしミュウは元気で食欲もありクシャミ以外は本当に何も変わりがない!!

医師はそのまま『鼻の中の腫瘍は本当に治療が難しく、今考えられるのは放射線治療、抗癌剤治療、などで
どれが有効的な治療なのか試さないとわからないし 放射線治療の場合全身麻酔をして治療をするので
10歳という年齢を考えると・・』考え込んだ

もう混乱しまくって病院なのに涙を止める事もできなかった。
とにかく落ち着け落ち着けと自分にいいきかし『このままだと余命はどのくらいなんですか?』っと聞いた。
まさかこんな質問しないといけないなんて思わなかった。

『もって3ヶ月です』

もう立ってる事すら出来なかった
色んな事が突然すぎて整理ができない状態で病院を出た。

まんぷくに電話して説明をし、次にずっとミュウの体調の相談に乗ってもらってた友達に電話し
次に大阪の獣医の友達に電話した。

電話をし続ける事で少しづつ落ち着いてきた。

友達が言った 『一番辛いのはミュウやねんから今すぐに落ち着くのは無理やけどしっかりしなアカンで!』
の言葉にとにかく落ち着こうっと自分いいい聞かし

獣医の友達が偶然 この日行った動物病院の医師と知り合いだとわかり
友達にもCTを見てもらい獣医と飼い主じゃなく友達として話をした 
とにかく 冷静にならないと出来る事を探さないとっと気持ちを切り替える事を心掛けた!

夜 腫瘍でコーギーを亡くしたディスク仲間に連絡し、食事のアドバイスをもらう

とにかく今ミュウは元気だ!

放射線治療にしろ抗がん剤治療にしろ体に負担はかかる
ミュウの今の元気を少しでも維持出来る様
自己治癒力を少しでも高めれる様
ホリスティックの事を調べる事にした。

沢山のハーブサプリを扱ってるHACに行き相談する
癌に良いと言われるものを色々買う


d0077740_23105475.jpg




d0077740_23162551.jpg




色々なハーブサプリ
d0077740_23171882.jpg






美味しそうに食べてくれた
d0077740_23185697.jpg


7月15日(金)

病院でもらった免疫を高める薬と止血剤をのます
薬は6日間分をもらった。
この薬がなくなる頃にはまた病院に行って、今後をどうするか再度相談する予定

CTと病理検査の結果をもって他の病院にも行こうと思ってる

その間も腫瘍はどんどん大きくなってるかも知れない。
免疫力を高める何かを取り入れた食事を考えよう

効果があるかどうかは人間もそうだけど
その子の体質にもよる。
それも十分承知の上で出来る事をしたい。

ミュウがとにかく今を楽にいられるように・・

7月16日(土)

ミュウにアゴ枕とサラサラマットを買ってきた。
フカフカが大好きなミュウにと思って、サラサラマットを買ったけど
あっさりグシャグシャにしてくれてた(笑)
いつものミュウで嬉しかった♪

マイタケがいいと聞いたので今日からマイタケを食事に加える事にした。
注文したβグルカンのサプリもすぐに届いたこのサプリは自然治癒力を高めるのに
有名だけど・・凄く高いでもとにかく今は負担にならない事なら
なんでも試したかった。

状態は元気だけどクシャミが続き 鼻血が少し増えた。


7月18日(日)

ミュウの血が止まる
ミュウはいつも通り元気食欲もある




ネットで色々鼻腔内腫瘍の事を調べてると
三重県にある南動物病院が鼻腔内腫瘍を沢山診てる事や
日本に数台しかない放射線治療の機械がある事がわかった
すぐに予約の電話をし、23日(土)の午前中に予約を入れた


7月23日(土)
南動物病院へ行く
三重県なんて遠征みたいやなぁってミュウに声をかけた

待ってる間 症例の冊子を見る 鼻腔内腫瘍の放射線治療の写真をみると
コーギーだった・・。
d0077740_23224450.jpg



わかってはいたけど診断は同じ『鼻腔内腫瘍』
治療方法は放射線治療をメインに説明してくれた
医師に『放射線治療を2日おきにあてていき、余命1年を目指しましょう』
っと言われる

放射線治療をする時は全身麻酔をする当然その前の食事は抜きになる

高齢のミュウにそんなに頻繁に麻酔をするのはどうなんだろう
しかも数週間は入院もある
それで治るわけでなく余命1年を目指す
時間がないなかとにかく必死にどうしたらいいか考えようと思った

南動物病院の待合室
d0077740_23294996.jpg





予約してても待ち時間は長い
d0077740_23315059.jpg






Oちゃんの子守もしなアカンミュウちゃん
d0077740_2332165.jpg







d0077740_2333163.jpg







7月25日(月)
友達に府大の先生を紹介してもうらい
獣医臨床センターに行った
凄く丁寧で優しい先生だった
結果は同じで・・何度聞いても鼻腔内腫瘍と言われたらしんどくなる
やはり放射線治療を一番に説明された
考えようとにかく何がミュウに一番いいのか
落ち着いて考えなアカンでも焦ってしまう
考え過ぎてよくわからなくなってた

ここは病院ぽくないのでミュウは怖がる事なくご機嫌だった
d0077740_23385636.jpg





凄く元気なのになぁ
d0077740_2344369.jpg






帰りにオヤツを買いに寄り道した
d0077740_23452618.jpg






パン好きなミュウちゃん
d0077740_2346987.jpg






河川敷にも寄った
d0077740_23465158.jpg




ゴロゴロしまくる(笑)
d0077740_23473644.jpg





ミュウちゃ~~ん
d0077740_23475920.jpg





たくさん泣いて泣いて考えて
いっぱい考えて
ミュウに放射線治療はしない事を決めた

ミュウの年齢で高頻度の麻酔が怖い事や
食べる楽しみを減らしてしまう事
長期入院のストレス・・

それなら美味しいもの沢山食べて好きな事して
楽しく過ごしてもらおう
その方がミュウにとっていいと思った

ここからずっとミュウは元気に何事もなくずっと過ごした
毎日 誰かがかえって来たら吠えて
裏山を走りまくった
ガツガツ食べて食欲も旺盛だった



2012年6月に入ってからミュウの体調に変化起き始めた
顔がどんどん腫れてきた 
ミュウが凄くしんどそう でも元気な時もありその時は腫れが少しマシだった
d0077740_1117180.jpg


2012年6月10日(日)
ミュウをお風呂に入れた
なんとなくこの日しかない気がした
ミュウの後ろ足が踏ん張りが利かない


6月11日(月)
急激に腫瘍が大きくなり左目瞼の毛が抜け落ち左目が開かなくなった
もう口で呼吸をするしか出来なくなった


6月12日(火)
今日は涼しいからかミュウの調子がいい
ミュウの好きなベビーカステラを買う

6月20日(水)
ミュウの左目が飛び出て瞼は爛れ血だらけで腫瘍のある左側と反対の右側の
鼻からも血が出る
顔の左半分が壊死し腫瘍が皮膚を破りでてきだした。
耳はよく聞こえていてこんな状態でもよく話を聞いてくれる
医師は痛みはないっと言うでも呼吸はしにくそう
見てるのが本当に辛い
次は腫瘍はマズルを突き破るかもしれないと医師に言われた
ひど過ぎる 今まで元気やったのに最後の最期に苦しんで欲しくない
医師に相談するも 最後は誰にもわからないと言われた



6月21日(木)
レバーの缶詰を買う
ドライフードより食べやすいやろうし
少しでも血を作ってくれれば

6月25日(月)
オシッコをもらす
力が入りにくそう でも元気に吠える耳と声は凄く元気
食欲もある

6月28日(木)
元気に吠える 耳は元気 自力でケージから出ておトイレにいく

6月29日(金)

血の匂いがきつかった
出血というかドロっとしたカタマリがミュウの口にの中にあって
ミュウが気持ち悪そうに前足でかいてたので
引っ張ってあげると大量の腫瘍が出てきた

マズルじゃなくて口の中を破ったみたい
ミュウはあきらかに苦しそう、口をケージの端にあてて
口でゆっくり呼吸をする 
急にミュウがスクッっと立ってケージから出てきて私の膝に乗ってきた
この瞬間にミュウがもう逝くんやってわかった
まんぷくを呼んで、ベッドを持ってきてミュウを寝かせて
リビングに運んだ

ミュウが潰れた左顔面を上に寝ていたので
ミュウの目がみたくて反対に向かそうとした時にミュウの口が『ニッ』っと笑った
『頑張ったやろ!』っとちょっと威張った様な顔やった
そのままミュウは天国に逝ってしまった


ミュウの顔があまりにも安らかで
やっとゆっくり寝れたんやなぁって
なんか悲しいんやけど泣くっと言うより気持ちが少しホッとした様な
複雑な不思議な感じやった

ミュウの寝た顔を久しぶりに見た気がした


ミュウの大好きなボールにメッセージを書いた
d0077740_0394788.jpg







お寺に行く前にみんなとお別れした 一番付き合いの長いアレス 
d0077740_0411768.jpg







仲良しだったラオウ
d0077740_0423222.jpg






沢山のお花ありがとうございます
d0077740_0453630.jpg






ミュウちゃん 天国でいっぱい走りまくりや~!
d0077740_0444567.jpg

by bunbunraou | 2012-07-03 00:47